組み立てモード

モードを変更

アクションレコーダー

てっとりばやくアニメーションをクリエイトしたい方にはコレ。まず、ガジェットシーンスタンプ

これで、どんなアクションでもオートで録画を始めてくれます。

完成したら録画をストップをポチッとひと押し。やり直したいならリテイクで。オブジェクトを動かしたり、手直ししたり、何かに宿ったり…。

すべてのアクションをガジェットに保存させてもらいます。緊張しないで大丈夫ですよ。あとでエディットできますので。

では、ここからは実践編。アクションゲームの大黒柱、動く床をクリエイトしてみましょう。まずはスカルプトモードキューブを選んだら、

シェイプをエディットしてください。ストレッチキューブを引っ張って床っぽい形に仕上げます。この時に頼りになるツールがサイズをコントロール

うまくできたらスタンプして組み立てモードに戻りましょう。それから2つクローンをつくって、合計3つの台を用意します。

2つの台を離して、3つめはどちらかの近くに待機させたら準備完了。我らのアクションレコーダーシーンスタンプします。

おっとっと、焦りは禁物。オブジェクトを動かさないと録画は始まらないのでご安心を。

深呼吸をして、3つめの台を掴んだら、できるだけ真っすぐに反対の台に移動させましょう。

呼吸が乱れて失敗しても、リテイクでやり直せます。いい感じに移動できたら、録画をストップを押してください。

この時、台にカーソルを合わせるとキテレツなラインが現れませんか?これが俗にいうアニメーションのルート

アクションレコーダー手直しして、再生モードピンポンに設定すると、ルートどおりに台が行ったり来たりします。

Dreams Universe™のユーザーガイドはただいま作成中。これからプレイのヒントに関するコンテンツを増やしていく予定なのでチェックをお忘れなく!