Dreams Unvierse™ VRとは?

現実と勘違いするほどリアルな夢を見たことありますか? VRに対応したDreams Universe™はまさしくそれ! 今まで以上の没入体験に夢中になること間違いなしです!

このガイドはそんなVRのコンテンツや新しくなった機能と設定についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

最高の没入体験

ボックスブラスター

ボックスブラスター

Dreams Universe™ VRの冒険へと旅立つあなたのために、特別なコンテンツを用意しました! まずはここからスタートしてみましょう。

始まりのいろはVR Dreams Universe™ VRの設定や操作方法を紹介するイントロダクションビデオ。

インサイド・ボックス VRの機能を活用したゲームや作品を含む新しいコンテンツ。VRではこんな作品も作れちゃうんです!

VRコレクション インサイド・ボックスのエレメントが入ったコレクション。あなたのVR作品作りにも活用してください!

新しいコントローラー機能

はじまりのいろはVR

はじまりのいろはVR

VRは、Dreams Universe™の本編と同じようにワイヤレスコントローラーとモーションコントローラーの両方で操作できますが、VRでは少しだけ機能が新しくなってます。

チップのビーム VRではチップのアンテナの先端からビームが出ています(モーションコントローラーの場合はメインのチップから出ています)。今までのチップと基本的には同じ仕様ですが、ビームがあるとVRの空間で物が狙いやすくなりますよ!

リーリング チップのビームでオブジェクトを掴んだ状態でリーリングすると、オブジェクトを簡単に引き寄せたり遠ざけたりできるんです。

カメラをVR用に調整 皆さんにより快適なVR体験を楽しんでもらえるよう、一人称視点と三人称視点のカメラ、そしてドリームメイキングのフリーカメラが調整されました。VRではプレイ中のカメラの動きを減らすため、パペットの動きが止まるか特定の距離を移動すると、視点がパペットの場所に切り替わるようになります。クリエイトモードではカメラをより安定させ、カメラを動かしても視点が上下に揺れなくなります(モーションコントローラーを使用している場合は適用されません)。さらに、快適モードがオンの状態で「瞬間移動」すると、移動中の映像が無効になり、視点が移動先に切り替わるようになりました。

皆で決めるVR体験

シネマティックモード

シネマティックモード

Dreams Universe™のほとんどのコンテンツはVRでもプレイできますが、完全にVRモードでプレイできるのはVR対応のラベルが付いた作品のみです。「VR非対応」のラベルが付いた作品はVRでプレイできず、「VR専用」のラベルが付いた作品はVRでのみプレイ可能です。「VR対応」のラベルが付いていればどちらでもプレイできます。フルVRでプレイできない作品はシネマティックモードで再生され、スクリーン上で見ているかのようにコンテンツを体験できます。

他にも、一度プレイしたVR作品がどんなプレイヤーに向いているかを評価できます。例えば、「VR初体験のユーザー向き」や「VR慣れしたユーザー向き」などに評価することで、プレイするか迷っているプレイヤーに情報を共有することができるんです。

そしてもちろん、VRの「設定いろいろ」にも新しい項目を追加し、操作方法やカメラの詳細をカスタマイズできるようにしました。ディスプレイの設定も好みに合わせて調整でき、ドリームズ・ユニバースに表示される作品をフィルターすることも可能です。

VR用の新しいツール

ハンド/チップ トラッカー

ハンド/チップ トラッカー

今までのDreams Universe™のツールや機能はもちろんVRでも使えますが、VRではさらに新しいガジェットや手直しメニューの項目が追加されています。VRの作品作りだけでなく、VR非対応作品にも活用できるので、使ってみてくださいね!

ハンド/チップ トラッカーはチップをフォローするガジェットで、チップにオブジェクトを紐づけたり、チップの代わりとなるアイテムを設定したりできます(例えば、手のアイコンなど)。VR使用中とVR未使用の両方で使えるとても便利なガジェットですよ! 手直しメニューに新しく追加された項目をカスタマイズして、オブジェクトの「掴みポイント」なども自由に設定できます。

ヘッド/カメラ トラッカーはカメラをフォローするガジェットで、プレイヤーの頭の動きをトラッキングしたり、カメラにオブジェクトを紐づけたりできます。例えば、カメラにHUDを紐づけておけばプレイヤーの視界にHUDが表示されるようになるんです。こちらもVR使用中とVR未使用の両方で使えますよ。視線カーソルセンサーのガジェットと併用して、プレイヤーが見ているオブジェクトを検出することもできます。

アンビソニックサウンドはオーディオ系ガジェットの新しい手直しメニューで、シーンのオーディオを3D化してくれます。この機能を使うと、左右だけでなく、前後や上下からもサウンドが聞こえるようになるんです! ただし、ヘッドフォンを付けたVRヘッドセットを使う必要があるので、この機能はVRでしか使用できません。

VR作品を作るときに覚えておこう

  • 便利なビーム機能 チップの先端にビームが追加されたことで、プレイヤーが移動しなくても遠くにあるものを動かすことができるようになりました。ワイヤレスコントローラーでクリエイトするときは、右スティックで奥行きを調整してからスカルプチャ―やペインティングをスタンプすることをお忘れなく。もちろん、モーションコントローラーを使用している場合はメインのコントローラーでも同じ調整が必要ですが、ワイヤレスコントローラーより少し調節しやすいです。
  • ラベル選びは慎重に 作品をセーブするとき、適切なVRのラベルを設定するのをお忘れなく。「VR対応」と「VR専用」の違いは大事。あなたの作品に合うプレイスタイルを提示して、皆に最高の体験をしてもらいましょう!
  • 広がる視界 VRでは、シーン内のオブジェクトの裏側や側面がプレイヤーにより見えやすいです。なので、どの角度から作品を見られても大丈夫なようにすべての方向から作品をチェックし、今まで以上に完成度を意識しましょう! または、カメラのアングルを慎重に設定するか、エレメントをブロックして見られたくない場所を慎重に隠しましょう。
  • 作品の見直しは大事 既存のコンテンツをVR対応させるには、「VR対応」のラベルを貼るだけ…、なんて簡単にはいきません! 確かに、スカルプチャ―や静止したコンテンツのみ含むシーンならそれでも大丈夫かもしれません。でも、ゲームや動くパペットを含むシーン、そしてカメラの動きが複雑な作品などをVRに対応させるには、たくさん手直しする必要があるかもしれないので、注意してください!

もちろん、友達やコミュニティのメンバーにあなたの作品を試してもらって、フィードバックをもらうのも大事です! 他にもVR作品作りの参考が欲しければ、Media Moleculeが作ったビデオVR作品を作る10のヒントをご覧ください。「教えて!」シリーズ (VR)も一か所にまとめてありますので、気になる方はどうぞ!

丸インフォ

Dreams Universe™のユーザーガイドはただいま作成中。これからプレイのヒントに関するコンテンツを増やしていく予定なのでチェックをお忘れなく!